こんにちは。【オリジナルグッズファクトリー】を担当しております鹿島(かしま)です。

連日、猛暑日が続きますが、皆様は今年のお盆はどのように過ごされましたでしょうか?
私は今年も二か所のお墓参りとお寺に行ったぐらいしかイベントはありませんでしたが、暑くて外に出るのがイヤだったというのが本音かもしれません。

お盆は主に先祖の霊を迎え、お経やお供え物などで供養する仏教的な行事ですが、親族が集まって先祖や故人を偲び、今日の自らをかえりみるという意味合いもあります。私も親戚の家に集まった際にお盆と正月にしか会わない親戚がおりまして、今回も約半年ぶり再会して「また太ったんちゃうか」とか「早く結婚せえよ」などと言われましたが、それもまたうれしいものです。

さて、これまで数多くのお客様に、弊社で製作した名入れ記念品や同人グッズなどのオリジナルグッズをお送りいたしておりますが、実際にそれらの記念品やグッズが使用されているところを偶然に見かけた「商品との再会」が、このお盆休みの間にありました。

今日はその時の「商品との再会」についてお話いたします。

お墓参りの帰りに、とある路線の電車に乗っていたところでした。途中の駅から乗ってきた20代前後の女性のカバンにどこかで見たことのあるようなデザインのアクリルキーホルダーが付けれていて、『もしや?』と思い注意して見てみると、8月上旬に【オリジナルグッズファクトリー】のお客様からご注文いただいたアクリルキーホルダーがそこにありました。特徴のある形でしたのとご注文いただいた日が近かったこともあり、気が付いたのだと思います。こんな偶然に「商品との再会」があるとは思ってもおらなかったので、一人テンションが上がりました。

普段は、弊社の商品をご購入いただきましたお客様から『先様にも喜んでいただけました』や『イベントで好評な売れ行きです』、『良い記念品になりました』などのご感想で間接的にしか知ることのできないエンドユーザー様の姿を垣間見ることができる「商品との再会」は、対応や製作のスタッフのみならず、企画やデザインのスタッフの励みとなって、感じるやりがいや喜びもひとしおです。

実際に商品をお使いのお客様からのお声や、その後のエピソードがございましたら、ぜひ【オリジナルグッズファクトリー】までお寄せいただければ幸いです。