こんにちは、最近は小売のデータ作成なども手伝っている鹿島(かしま)です。

6月は「ジューンブライド」という言葉もあるように結婚式が多いイメージがあり、「6月の結婚式をあげる夫婦は幸せになれる」と云われています。欧米では6月は雨が少なく気候の良い時期にあたるのですが、日本ではちょうど梅雨の時期にあたってしまいます。
そこで、日本のブライダル業界では梅雨の時期が閑散期となるために「ジューンブライド」のロマンティックな言い伝えに乗せたキャンペーンを打ち立てて、それがうまく日本の文化として定着して現在に至るそうです。

そのためか、今の時期になると街なかや駅前などで結婚式の帰りらしく引き出物の入った大きめの紙袋を持ったフォーマルスーツに白ネクタイやきれいなドレスやワンピースの団体さんを見かけることも多くなる気がします。

さて、引き出物といえば、定番はお皿や器、タオルやお菓子の詰め合わせなどでしたが、最近ではカタログを持って帰ってもらって、好きな商品を後から自分で注文できるカタログギフトも多くなっているようです。私も数年前に出席した友人の結婚式の引き出物がカタログギフトで、何にしようか迷った覚えがあります。(ちなみにこの時は、私は低反発まくらにしました。)

自分の好きな物を選べるカタログギフトも魅力的ですが、結婚する2人から出席者様たちへの感謝の気持ちとして、心のこもった「オリジナル名入れアイテム」を『プチギフト』としてプラスされるのは、いかかでしょうか?

刻印・名入れ.com』や【オリジナルグッズファクトリー】では、これまでにも結婚式の引き出物の『プチギフト』として名入れのアイテムを何度かご依頼いただいたことがあります。

挙式や披露宴に参加される方のお名前のみを大きめにお入れした「コンパクトミラー」や「カードケース」、「ラゲージタグ」や「レザーコースター」などを席札兼プチギフトとして使われたりされるケースもあれば、新郎新婦の名前と結婚式の日付・式場の場所などをお入れした結婚記念品として「キーホルダー」や「バッグチャーム」などを作られるケースも過去にはございました。

コンパクトミラー

カードケース

ラゲージタグ

 

 

 

 

 

レザーコースター

キーホルダー

バッグチャーム

 

 

 

 

 

 

そういったプチギフト以外にも、友人たちから新郎新婦へのお祝いの品や式場から新郎新婦へのプレゼントとして、本革製で高級感のあるキーホルダーブックマーカーなどを贈られたりする場合もございます。

本革製キーホルダー

ブックマーカー

 

 

 

 

 

 

オリジナル名入れアイテムは、特別なハレ日を彩るアイテムとして贈る方も貰う方も嬉しい物になるはずです。

また、お電話やメールでもお問い合わせやご相談をいただけましたら、これまでにご注文いただきましたお客様の事例などを基にお薦めのアイテムのご紹介もいたしますので、プチギフトお祝いの品としてのご利用をお考えでしたら、お気軽にご相談ください。