こんにちは、商品製作を担当しております鹿島です。

昨日の7月7日は七夕でしたね。
弊社の最寄り駅である地下鉄の天満橋駅では今年も、笹と短冊が用意されており、地元の子ども達や駅の利用客の方々が書かれた短冊が見受けられました。また、昨日帰宅途中に見に行きましたが、大川にLEDの電飾を流す「平成OSAKA天の川伝説2016」が実施されており、水の流れに沿って流れる青い光の玉の帯はとても綺麗でした。

さて、商品の製作で件数が多くなってくるのが、夏コミに向けてのアクリルキーホルダーアクリルチャームを中心とした同人グッズです。

アクリルキーホルダーアクリルチャームは、アクリルの板にインクジェット印刷し、レーザーで形状にカットして製作いたしますが、今日はそのインクジェットの工程を動画でご覧いただこうかと思います。

家庭用のインクジェットプリンターとインクジェットの原理自体は同じですが、紙の印刷と違って用紙がプリンターの中をくぐるのではなく、アクリル板の上をプリンター本体の方が動きます。

実際に、プリンターがアクリル板に印刷している様子が下の動画です。ぜひ一度ご覧ください。


最初に透明のアクリル板に白以外のカラーを反転印刷し、その後白色のベタ塗り部分を重ねて印刷いたします。
これにより、表面から見たときにカラーの印刷部分がはっきりと見えるわけです。
白ベタを重ねていない部分は、半透明な仕上がりとなりますので、人物のみを白ベタを重ねて、背景を半透明といった表現も可能です。

七夕には「年に一度の巡り会い」という意味も含まれておりますが、【オリジナルグッズファクトリー】をご利用いただくリピーター様から夏コミや冬コミなどのタイミングで同人グッズを製作をご依頼いただくと、見覚えのあるタッチのイラストやデザインを目にする度に、私は「また巡り会えた」という気持ちになります。
またご発注いただけたことへの感謝の気持ちと相まってとてもうれしく思っておりますので、皆様がリピーターになっていただけるよう、今後も心を込めて商品を製作いたします。今後ともよろしくお願いいたします。