こんにちは、【オリジナルグッズファクトリー】を担当しております鹿島(かしま)です。

先日の大阪北部地震は激しく小刻みな縦揺れでビックリしました。私はオフィスに入って一息ついたタイミングで地震に遭遇しました。もうあと数分地震が早かったらエレベーターに閉じ込められたかもしれません。
ちなみに弊社には直接的な被害はありませんでしたが、ビルのエレベーターが夜まで使用できず、商品の出荷は自分たちで階段で1階まで降ろして運送会社さんへ持っていきました。エレベーターのありがたみを改めて感じましたね。

 

さて、6月もあと1日で、2018年の上半期がもうすぐ終わろうとしておりますが、この時期のビッグイベントというと、やはり7月7日の七夕でしょうか。

例年この時期になりますと、駅や商店街などでも願い事を書いた短冊をたくさんつけた笹の七夕飾りをよく見かけます。
弊社の最寄り駅である地下鉄の天満橋駅とお隣の南森町駅では、今年も駅構内のコンコースに笹と短冊が用意されており、地元の子ども達や駅の利用客の方々が書かれた短冊が数多く見受けられます。

 

 

 

 

 

ちなみに、七夕というと、織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)の話が有名で、この2つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで最も輝くために、「年に一度の巡り会い」の日になっていますが、短冊に願いを書くのは、乞巧奠(きこうでん)という古代中国で7月7日に織女(しゅくじょ)星にあやかって、はた織や裁縫などが上達するようにとお祈りする風習が発祥といわれています。
皆さんはご存知でしたでしょうか?

また、七夕の短冊に願い事を書くという行為自体にも意味があると言われています。
例えば、受験生が「○○大学合格!」や「資格合格!」などを紙に書いて部屋の壁などに貼ったりしているシーンを想像していただければわかりやすいかと思いますが、願いや想いを文字にしていつも見えるところに置いたり、身に着けたりすることで自分自身の潜在意識に働きかけるような効果があるそうです。

実際に、企業様や店舗様でも、名刺入れやIDケースに社員の行動指針や社是などをお入れしたり、または下半期の数値目標をお入れしたりと、普段から社員さんやスタッフさんが身に付けたり使用するものに、目標やスローガンを名入れされるケースもございます。

弊社でお取り扱いしておりますアイテムで、ビジネスシーンで日頃から身につけるアイテムとしては、「IDケース」「カードケース(名刺入れ)」などがおすすめです。
ビジネス以外で普段から使用するアイテムとしては、「キーリング」「ボールペン」「コンパクトミラー」などもございます。

レザーIDケース

名刺入れ(カードケース)

 

 

 

 

 

 

キーリング

ボールペン

コンパクトミラー

 

 

 

 

 

 

弊社のおすすめアイテムにつきましては、上記の各商品画像をクリックいただけますと、商品一覧がご覧いただけます。
どうぞ、アイテム選びのご参考になさってください。