ck002_img_d1

 

 

 

 

 

こんにちわ、お客様対応全般を担当しております鹿島(かしま)です。

8月30日から9月5日までは、防災週間です。
今年は局地的な豪雨で大きな被害のでている地域もありますので、
日頃から災害に対する心構えを忘れず、いざという時には慌てず行動したいものです。

弊社のアイテムで、「災害時に役立つ商品はないだろうか?」と考えた際に私が真っ先に思い浮かんだのが、「ドッグタグ」でした。

「ドッグタグ」は、元々兵隊さんが使っていた認識票が発祥ですが、アクセサリーとしても根強い人気のあるアイテムです。
防災を意識したご利用方法としては、お名前や血液型などをお入れした「IDタグ」や、持病とその対処法や緊急連絡先などをお入れした「医療タグ(救急タグ)」としてお使いいただいており、
実際に「海外に渡航する際の自分用のIDタグ」や、「お年寄りや持病をお持ちの方の緊急時の対応用」などの用途で多くのご注文がございます。

「IDタグ」は、お名前や生年月日、血液型などをお入れする他、性別や国籍などをお入れしたこともございます。

IDタグの一例(画像をクリックすると拡大します)

IDタグの一例(画像をクリックすると拡大します)

 

 



また、「医療タグ(救急タグ)」としてですと、持病や常用薬、アレルギーの種類などをお入れしたり、『発作時には、インスリンを投与してください』や、『倒れていたら、○○病院の××先生に連絡してください』などの具体的な指示をお入れしたこともございました。

医療タグ(救急タグ)の一例(画像をクリックすると拡大します)

医療タグの一例(画像をクリックすると拡大します)

 

 



もちろん、そのような事態にならないことが一番良いことなのですが、このような内容をお入れしたドッグタグを身に着けておけば、万が一に倒れて意識を失ってしまった時でも、ドッグタグの情報を基にして迅速な処置ができる場合もあるようです。

もし「IDタグ」や「医療タグ(救急タグ)」として以外にも、【こんな用途で使っています】ということがございましたなら、ぜひお知らせいただけましたらと思います。
私達が作る名入れアイテムが、これからも皆さんのお役に立てるならば幸いです。